shimarisu-attimaのブログ

フリーライターattimaのブログ

入院生活と立ち合い出産について

前回の続きです。『入院生活と立ち合い出産について』

 

出産後は出産日を0日として4日間の入院生活となります。

 

今までとにかく健康で大きな怪我もなくここまで来た私にとっては人生初の入院生活。

 

とはいえ、1日目からさっそく母子同室なので…正直入院自体がどうだった、という感想を持つほどの余裕はありませんでした。
毎日忙しく検査やら沐浴指導やら授乳方法の教育やらを受け、それ以外の時間は産まれたばかりの赤ちゃんのお世話。
ゆっくり寝る時間も勿論ありません…覚悟はしてたけど。。。

 

それでも、慣れないお世話の中で赤ちゃんを可愛い、愛おしい、と思うようになるのは、やはり本能なのでしょうね…

 

産まれた時は自覚も実感も無く、自分で自分を心配した私でしたが、
産まれたばかりの赤ちゃんが必死に、まだちゃんと出てもいない母乳を求める様子や、自分の腕の中で安心しきって眠る様子を見ているうちに言葉では言い表せない愛おしさを感じるようになり、「こうやって母親になっていくんだな」と感じました。
そして同時に、男性の方がが親としての自覚を持つのが遅い、というのも仕方のない事なんだろうと思いました…
私が我が子への愛おしさと親になった自覚を持った一番の瞬間と言うのは、やはり授乳の瞬間だったので。

 

この瞬間の可愛さ、愛おしさを感じられないというのは、何だか勿体ない…男性にもこの感覚を味わえるといいのに、と強く思いました。

 

勿論、女性であっても母乳育児をしない、という選択をする方もいますし、それが悪い事とは思いません。
ただ、私の様に元々子供が好きなタイプでもなく、産まれるまで自覚を持てない新米ママさんには、母乳をあげる時間というのはとても大きい意義を持つと思います。

 

それから、立ち合い出産についてちょこっと書きます。

 

これって賛否両論あると思うので、私が出産を経験して思ったこと。

 

私は今回の出産に当たり、主人に立ち会ってもらうかどうか、というのは実はかなり悩みました。


というのも、出産の立ち合いについては色々な意見があるようで…
勿論、生命の誕生という奇跡の瞬間に立ち会うわけですので、非常に良い経験だとは思うのですが、
人によっては「グロくて見てられない」とか「妻を女として見られなくなった」という意見があったり…
女性側としては「自分が命がけで苦しんでいるのに隣でただオロオロしているだけで役に立たない。腹が立った」という意見があったり…
そういうわだかまりが出来てしまうのはやはり嫌なので。

 

けれど、結果として私の場合は立ち会ってもらう、という選択は正しかったと思っています。
ただ、こればかりはお互いの性格によってかなり意見が分かれると思うので…安に立ち合い出産を勧めるつもりは毛頭ありません。
私の場合は、主人が血やグロい物に抵抗がなかったこと、(そういう場面を見る覚悟が出来ていたこと)、また根気強く声を掛けたり腰をさすったりし続けてくれたことにより、辛い陣痛中かなり助けられたことが大きいのですが…


私の出産は約13時間。主人が駆け付けてからも8時間ほどかかっています。
初産にしては早い方だと言われたのですが、この長い時間サポートし続ける、というのは恐らく相当ハードです。
勿論、出産を迎えている女性側の方がハードに違いはないのですが、出産の場面では自分の疲れさえ分からなくなっていますし、出産を終えなければ休むことも出来ず、体はそれに対応している状況なので、見守る男性とは感覚自体が違います。
しかし男性はあくまでそれを見守りサポートするしかできないため、暇な時間もありますし…時間の経過が女性より長く感じると思うのです。


正直、私は自分が産む側の立場だったのでこの長時間頑張れた…というより頑張るしか無かったのですが、逆の立場だったら、時間の長さに根を上げていたかもしれません。
それを懲りずに最後まで付き合い、励まし続けてくれた主人を尊敬します。


と、いいつつ、もし主人が途中で投げ出して退出してしまったり、他事を始めたり、まともに声も掛けてくれなかったら…もしかしたら苛立ちを覚えたのかもしれません。


なので、世に言われる意見の全て
(グロくて見てられない、女として見られなくなる、という男性側の意見も、旦那が立ち会っても苛立つだけだという女性側の意見も。そしてその逆の、立ち会って良かった、という意見も)
に対して、納得できる、というのが私の感想です。

 

もし、出産を控えていて立ち合いを悩まれている方が見えましたら、この辺りは夫婦お互いの性格をよく吟味したうえで判断することをお勧めします。
せっかく新しい家族の一員が増え、絆が深まるべきところで溝が出来てしまっては悲しいですし、産まれた赤ちゃんにとっても夫婦仲が悪いのは良くないことですので…

 

だらだらっと出産~入院、そして立ち合いについて書いてしまいましたが…
この記事がほんの少しでも、誰かの参考になったら嬉しいな、と祈りつつ…今回のブログはここまで。

 

ライター業務はまだしばらくは再開出来そうにありませんが、Twitter等で嬉しいお言葉もいくつかいただきましたので、早く復帰できるよう頑張りたいと思っております☆

 

TOP - shimarisu-attima ページ!

ドラマCD最新作のお知らせと運命の日。

お知らせが遅くなりましたが、6月14日にシナリオを担当させていただきましたドラマCDが配信開始されました。

 

アニメイトラボ様 ポケットドラマCD。
今回は任侠ものです。

pokedora.com

 

藍澤さんの声を担当されている小次狼さん、ポケドラでの私の処女作である『スパイ』で教官役を演じて下さっている方なのですが…
教官役の時もすでに落ち着いた低音ボイスが大人っぽくて素敵だったのですが、今回はまたちょっと雰囲気が違います!
荒っぽい武士気質の若頭らしい凄みと迫力のある演技! カッコイイです。

 

そしてそのライバルは『憎まれ役』完全悪役気質の目黒さん。風見 トーリ さんが演じて下さっています。
イメージピッタリ。文句なしの『悪い男』です。Sキャラ好きさんにオススメ! 笑

 

そしてメインとなるこの二人の他にも登場人物としては情報屋の上条さんと元カレで刑事の園田さんがいます。

 

情報屋の上条さんは金田馬夫さん。
一見外面のいい飄々とした優しいお兄さん…と思いきや、その腹黒さは4人の中で恐らくトップでしょう。
優しい口調から一変して突然ドライになる感じが怖いくらいハマリ役です。

 

園田刑事はこの4人の中で唯一普通っぽい青年。中江 漣さんが演じて下さっています。
他の3人が怖い人ばかりなので、より爽やかさが際立ちますね…! 笑
ちょっとヤンデレ入ってはいますが、真っ直ぐで誠実な青年ぶりが素敵です。

今回は全トラック購入するとオマケトラックが無料でもらえる!という特典付きですよ~☆


オマケトラックは甘々仕様になっております。
気になる方は是非聞いてみて下さいませ☆(大人の女性向けですので、そこは自己責任でお願いしますね;)

 

*** 

 

さて、話は変わりまして…

6月7日、運命の日を迎えて来ました。

 

朝の4時半過ぎに突然の破水。
幸い破水にすぐに気付いたため、母を起こして相談しつつまず病院へ電話。
状況を説明すると、そのまま入院となりますので必要な物を持って来院してくださいとのこと。
この時点ではまだ陣痛が始まっていなかったため、痛みはありません。


予定日より一週間程度早かったこともあり、出産のイメージが出来ておらず…実感のないまま準備してすぐさま病院へ。
検診を受け、破水が確認出来たため入院。

 

ただ、この時病室が埋まっていたようで、分娩室を病室代わりにさせてもらうこととなりました。
お腹は張るもののまだ陣痛は無く、「1日待って陣痛が来なければ促進剤を使いましょう」と言われました。

 

破水しても1日は様子見で大丈夫なんですね…

 

でも出来れば促進剤は避けたい…陣痛来てくれないかな…
と思いながら出された朝食をもりもり食べ、余裕で過ごしていたのですが…

 

数時間後、入院当初はお腹が張ってちょっと痛い気もする、程度だった体調が徐々に変わって来ました。
この時点で、病室が空いたため個室へと移動。

 

陣痛は『酷い生理痛のような痛み』と聞いていましたが、なるほど、納得です。
10分おきくらいに襲う何とも言えない痛み。
じわじわっと痛くなり、気付くと和らいでいる…の繰り返し。
それが回を経るごとにどんどん強くなり…痛みに耐えようとするあまり、無意識に過呼吸になってしまっていたらしく、手足が痺れてきてしまいました。

 

陣痛の時は「吐く息に意識を置いてゆっくり呼吸するのがいい」ということは前知識として分かっていたはずなのに…
いざその場になるとダメですね。。。
助産師さんに、両手で口元を覆ってゆっくり呼吸するよう言われ、痺れる手で必死に呼吸を整えます。
頭ぼーっとしてくるし、唇まで痺れてきて、軽くパニック状態。このまま意識を失うのではないかと思いました;

 

子宮口がしっかり開くまではとにかく耐えるしかないのですが、幸い早い段階で子宮口が全開に。
「分娩室へと戻ろう」と声を掛けてもらえたのですが、すでに自力で歩ける状態ではなく…車椅子で運んでもらいました。

 

子宮口が全開になったのがお昼頃だったので、夕方くらいに出産になるかな…などと考えていたのですが、甘かった…

 

陣痛はどんどん酷くなり、痛みと共に、いきまずにはいられない感覚に襲われます。
それをいきまないように耐えるのは大変で、途中から助産師さんに「多少いきんでもいいけど、落ち着いたらしっかり息を吐いて呼吸を整えて」と言われ、陣痛とともに少しいきみつつ息を吐いて呼吸を整える…の繰り返し。

 

一体いつまでこれが続くんだろう…と正直気が遠くなりました。

 

そうこうしているうちに主人も駆けつけ、助産師さんの指示に従って腰を押したり、水分を用意してくれたり、励ましの言葉を掛けてくれたり…
ただ、申し訳無いことに私自身に余裕が全くなく、サポートすべく色々聞いてくれる主人に、まともに言葉を返せず…頷く、首を振る、程度の意思表示しか出来ない状態。

 

それからさらに数時間。

 

いい加減体力も限界で、陣痛の合間の痛みの弱い数分間が来るたびに気絶するように眠り、また陣痛の波で目を覚ます、という状態を繰り返すようになりました。

 

本当にちゃんと産まれるのかな…と思い始めた辺りで、病室がバタバタと慌ただしくなり、助産師さんが増員。
医師も駆けつけ、本格的な分娩の準備が始められました。

 

そこからはとにかく思い切りいきむように言われ、言われるままに必死で陣痛に合わせていきむこと数十分…

 

かなり頑張ってるつもりなのにまだ終わる気配が無く「こんなん無理やん…」と思い始めたところで

 

突然「もういいから力抜いて!」と言われ…

 

でも急にそんなこと言われてすんなり力を抜けるような状態でもなく、訳がわからないうちに…

 

「ふぎゃぁ」
というか弱い産声が耳に飛び込んできました。

 

・・・え? 産まれた?

 

それがその瞬間の正直な感想です。

 

産まれた! という自分の実感もなく…


まだ続くと思っていた苦しみから前触れもなく突如解放されて戸惑うような、そんな心境。


そして、産まれた瞬間から命の誕生に感動!とかそういう感じでもなく…


とにかくぽかん、としてました;

 

その後てきぱきと後の処理が進められながら、自分の胸の上に小さな赤ちゃんが乗せられました。
それでもまだ実感の湧かない私。

 

イメージの中では産まれた瞬間に感動で思わず涙…とかそういうのを予想していたのですが、心境としては程遠かったです;
むしろ、立ち会った主人の方が産まれた赤ちゃんを見て「何か分からないけど可愛い…」と何度も言っていたので、私よりよほど自覚があったのではないかと 笑

 

さて、長くなってきてしまったのでひとまずここまでにして、次の記事へと続けます。
次の記事では『入院生活と立ち合い出産について』を書きますね。

 

入院生活と立ち合い出産について - shimarisu-attimaのブログ

 

TOP - shimarisu-attima ページ!

リアクションの公開と近況報告☆

まずは久々の宣伝です。

本日、三千界のアバターにて、一部を担当させていただきましたトリガーシナリオ
アーキタイプの文明衝突トーナメント第1回戦のリアクションが公開されました。

クリエイティブRPG 三千界のアバター - シナリオ - 【覚醒のアーキタイプ】文明衝突トーナメント―第一回戦―

こちら、【B14】老いたる峰 のパートを担当しています。

パチャカマク文明圏の最高峰であり、まだ誰も辿り着いた者がいないと言われる
頂の精霊の祠目指して登山し、オーパーツを探索。
さらに避けられない敵である夏后文明圏の支配者との戦闘…
となかなかに厳しいパートではありましたが、参加されている皆様の工夫を凝らし、
かつ仲間と連携してのアクションのおかげで、見事第守護者を突破し、オーパーツを持ち帰ることに成功したようです。
参加されました皆様、誠にお疲れさまでした!

今回、少しばかり久々のパブリックシナリオでしたが、楽しく書かせていただくことが出来ました。
読まれる方にも楽しんでいただけたらいいな…と祈りつつ。

そうそう、フロンティアワークス様の新たなPBW、ヒロイックソングス!の方でも、シナリオが始まったようですね。
アイドルもの…ということで、元々戦闘より恋愛とかイベント的なシナリオが好きな私としてはとても興味があるのですが…
残念ながらしばらくは参加出来そうにありません…(><)

また、三千界のアバターでのGM活動も、今回のトリガーシナリオをもってしばらく活動休止とさせていただきます。
アーキタイプの文明衝突トーナメントはきっとまだ続くと思いますし、最後までGMとして見守っていきたかったので非常に残念なのですが。

そういえば…以前にGM業務を縮小して制作している、「とある業務」について、いずれお知らせします、と言っていたのですが…
こちらのお知らせにつきましても、予定では今年の春までにはご報告出来るつもりだったのですが
諸事情により無期延期となりました(><)のでまだしばらくはご報告が出来ません…
いずれ、こちらでお知らせ出来る時が来ましたら、その時は改めて宣伝させていただきたいと思います。


そしてここからはライター業関係ではなく、全く個人的な内容となります↓


現在いよいよ妊娠周期も臨月に突入し…先週末より、実家に里帰りしています。
予定日までの日にちもどんどん差し迫っていますので、いつ産まれるのか…ドキドキハラハラしながら毎日を過ごしております。

そんな中でまた制作したハンドメイドグッズを少しばかり紹介☆

 

〇トッポンチーノ

f:id:shimarisu-attima:20170602115243j:plain

インターネットで作り方を調べて制作しました。
最近注目されている抱っこまくら。
これがあると赤ちゃんが安心してよく寝てくれるとか、他の人が抱っこしても泣きにくいとか…
中には布団用のふわふわな綿を詰め、中クッションには夫が着古して捨てようとしていたパーカーと貰い物の布を利用。

f:id:shimarisu-attima:20170602115415j:plain

f:id:shimarisu-attima:20170602115423j:plain

お父さん・お母さんの匂いが付いていると安心するらしいってことなので、丁度良いかと思って 笑
クッションカバーは手触りの良いニット地で、洗い替え用に2枚用意しました。

 

〇赤ちゃん枕

f:id:shimarisu-attima:20170602115518j:plain

トッポンチーノのあまり布を利用し、大好きな林檎をモチーフにして作ってみました。
形は完全にオリジナル。葉や茎も家にあったあまり布、中の綿ももちろんトッポンチーノの余り…という余り物だけで出来た枕です。

 

〇ベビーシューズ

f:id:shimarisu-attima:20170602115642j:plain

さらにあまり布を利用(笑) 裏地は前回紹介した浴衣風産着のあまり布、表は同じく上記2点のあまり布です。
さらにストラップは前回紹介したスタイのあまり布で制作。あまりに小さすぎて作るの大変でした…;

 

母子手帳ケース

f:id:shimarisu-attima:20170602115820j:plain

f:id:shimarisu-attima:20170602115833j:plain

こちらは、実家に放置されてたあまり布(友人に赤ちゃんが生まれた際にお祝い品に使った材料の余り)で制作した母子手帳ケース。
中に接着心を入れているため結構しっかりしてます。


それから…これは赤ちゃんグッズとは関係無いのですが、プラバンハンドメイドもちょこちょこ作っていました。

f:id:shimarisu-attima:20170602120055j:plain

f:id:shimarisu-attima:20170602115945j:plain

f:id:shimarisu-attima:20170602120001j:plain

こちらは母の日に実母、義母へのプレゼントで作ったバレッタとピアスとブローチ。

 

 

こうしてゆっくり物作りをする時間というのがなかなか無かったので、たまにはいいですね…
やり出すと時間を忘れて没頭してしまいます☆

 

そうそう、かなり前ですが、モンハンのイラストも描きました。

f:id:shimarisu-attima:20170602120127j:plain


色鉛筆着色のタマミツネちゃんです。
モンハンXXを発売日に即購入し、夫と協力しながらプレイしていたのですが、ミツネ装備の為にミツネ戦を繰り返すうちにどうにも描きたくなって… 笑
タマミツネは人気のあるモンスターのようですね。
和風の音楽と言い、この幻想的な色合いといい、人気があるのは頷けます。


久々のブログで取り止めのない内容となってしまいました;
次に更新する時にはもう出産を終えているのかな…
初めてのことなので今後の生活がまだ全くイメージできておらず、どのぐらい経てば赤ちゃんとの生活に慣れるものなのか分からないためブログを書く時間があるのか…いつ頃ライター業務を復帰できるのか…全くの未定です。
希望としては10月に三千界のプラシナを出したい(去年のハロウィンのドッペルゲンガーをもう一度やりたい)のですが…出来るのかな;

何はともあれ…無事に戻れるよう、一先ず頑張ります!

赤ちゃん本舗ベビーシャワーと小牧立ち寄りスポットの紹介☆

前回、赤ちゃん本舗のイベント参加の感想をアップします、と言いつつもう一週間以上経ってしまいましたが…改めて書きます。

 

赤ちゃん本舗で行なわれている、妊娠7、8カ月の妊婦さんを対象としたイベント『ベビーシャワー』に参加してきました!勿論無料です!

私が参加したのは岐阜のカラフルタウン内の店舗。

AM11時開始なので10分くらい前に広場に行き、受付をしたのですが…

「今日はお一人なので、気楽に行きましょうね~」と言われてしまいました(^^;

本当は友人と一緒に参加する予定だったのですが、その友人が切迫早産で入院になってしまったこともあり…ソロです。

元々定員も多くは無いようですが、やはり平日の11時から、妊娠7~8か月の人限定、となると…こんなもんなのでしょうか。

多分、認知度も低いんだろうな。。。私も、友人から勧めてもらうまではこんなイベントがあること自体知らなかったので…勿体ない…

 

さてさて、肝心の内容です。

メンバーは参加者(今回は私だけ)と赤ちゃん本舗のスタッフさん(出産経験者)が二人。

まず簡単に自己紹介をして、妊娠してから今までにあったことや困ったこと等を話して下さい、と言われてつらつらと話し…色々とアドバイスも貰います。

 

その後、産まれてすぐの赤ちゃんの肌着の着せ方を、人形を使って指導していただき…用意しておくといい物について、出産予定の季節に合った内容で具体的に教えていただきました。

(素材はどんな物がいい、とかこの季節ならこれは必要ない、とか)

教えていただく際には冊子が用意されているので、書き込んだりチェックする事もできます。

勿論、赤ちゃん本舗のイベントなので、その場で使用する肌着等は赤ちゃん本舗の商品、紹介される物も赤ちゃん本舗で扱っている物にはなりますが…決して押し売りな空気はありません。

その場で「いかがですか?」とか、そういうことも一切ありません。

「もし良ければ、売り場にあるので後で見てみて下さいね」程度です。

一通りの説明が終わると、『赤ちゃんへのタイムカプセル』なる物を作成します。

案内を読んだ時に「一体何を入れたらいいんだ…」と悩みましたが、タイムカプセルといいつつも、用意されている箱に赤ちゃんへのメッセージと一緒にプレゼントを入れる、というだけなので、深く考える必要は無いみたいです。

現在のお腹周りを計ってもらって、その長さのリボンをもらい、用意されていたメッセージカードに赤ちゃんへのメッセージを記入。

あとは持参した細々した物を詰めてみました。

(前回のブログで紹介した、ハンドメイドの品々です)

 

f:id:shimarisu-attima:20170415202024j:plain

現在のお腹の大きさの記念に、と全身の写真も何枚か撮っていただき…

それでイベントは修了。

最後に記念品もいただけました~

f:id:shimarisu-attima:20170415202225j:plain

中を見てみると。。。これは有り難い! 絶対使うやつです。

所要時間は1時間程度と短く、ためになるお話を聞けて記念品ももらえて無料。

現在妊娠中の方で、近くに赤ちゃん本舗がある方は是非参加してみてほしいです☆

 

 

さて、ちなみにこの日はお昼から母と待ち合わせ、小牧へと足を伸ばしました。

その目的はというと……

f:id:shimarisu-attima:20170415202719j:plain

ここです。

間々観音インパクト大の手水舎。

ここは、女性の、お胸に関する様々な悩みに効く、と言われている神社で、辺りを見渡すと色んな場所におっぱいがあります 笑

絵馬も、お守りも……どどん!

f:id:shimarisu-attima:20170415203158j:plain

何気に可愛い。思わず購入しちゃったよ。。。笑

完全母乳で育てたい、とかそういったこだわりは持っていませんが、ある程度はちゃんと出てくれるといいなぁ、と願いつつ…

安産にもご利益があるようなので、しっかりお祈りしてきました。

 

それから、小牧で行きたかった場所がもう一軒!

これは妊娠とか出産に無関係ですが、『しるこさんどの森』なるものが小牧にあるとのことで…

以前、TVの『ぐっさん家』で見てずっと気になっていたので行ってみました。

何でも、「ビスケット食べ放題(ドリンク付き)」というサービスがあるらしい。

 

その場所は、間々観音からかなり近い位置にありました。

ボーリング場とくっついていたため、気付きにくいですが…その名も「あん・びすきゅい」

大きな建物ではありませんが、春休みだったためか、中はかなり賑わっていました。

小学生が多かったかな…

お土産コーナーと、イートインコーナーに分かれており、ビスケットバイキングは400円で1時間食べ放題、ドリンクバー付き。

なるほど、確かに小学生がお駄賃もらって友達と来るにもちょうどいいのかも…

一言でビスケット、と言っても結構種類があります。

欲張って思わずほとんどの種類を取ってしまいました。 笑

 

f:id:shimarisu-attima:20170415204235j:plain

こんな感じです。

お馴染のしるこサンドに抹茶しるこサンド、ゴマのビスケット、しょうがのビスケット、チーズクラッカー、サンドクッキーのメープル、抹茶、コーヒー。

お馴染、と書きましたが…しるこサンドがお馴染なのは多分東海圏だけですね(^^;;

 

それから、どうしても食べたかったのが、コレ

 

f:id:shimarisu-attima:20170415204624j:plain

その名も『生しるこサンド』!!

残念ながらこれはバイキングに含まれないので、別途料金がかかります。

1個150円。

でも確か「ぐっさん家」で「ここでしか食べられない」と言っていたので、食べないわけにはいきません…!

ちなみにお味は3種類。つぶあん、こしあん、抹茶。

写真はつぶあんです。

ビスケット生地がしっとりしてて、中のクリームもギュッとたっぷり詰まってて…美味☆

しるこサンド』以上の『しるこ』感を味わえます。

美味しかったのでお土産も買って帰ることにしました!

観光でわざわざ行くにはちょっと物足りないですが…近くにお出かけした際のおやつタイムに寄るにはピッタリだと思います☆

しるこサンドが好きな方は是非足を運んでみて下さい!

 

以上、今回はライター業に一切触れない記事となってしまいました! 笑

 

TOP - shimarisu-attima ページ!

 

ドラマCD公開のお知らせとハンドメイド。

ここのところ記事どころかtwitterさえ人のRTくらいしかしない状況となってしまっていますが…先日ドラマCDの作品が配信開始されたこともあり、最近の状況等々を書こうかと思います☆

 

まずはご紹介。

アニメイトラボ様のアプリコンテンツ「ポケットドラマCD」にて、シナリオを担当させていただきました作品、『契約番犬』が公開となりました!

 

pokedora.com

 

カッコイイジャケットです☆

 

登場人物は3人の番犬達。

 

●堅物なSP:敦賀 京(つるが きょう) 25歳  CV.金田馬夫さん
武人気質で責任感の強い、ちょっとお堅くヤキモチ焼きな番犬。

必死に主人公ちゃんを守ろうとしている姿勢がとてもよく表れていて、カッコ良くも、どこか可愛いお人です。

低くクールな声音で冷静かと思いきや、意外と余裕無いのを隠しきれてないギャップがキュンキュンします☆

 

●ドSなSP:篠島 政人(しのじま まさと)27歳 CV.風見 トーリさん
言葉遣いは丁寧なのに、かなり上から目線のドS番犬。

声の雰囲気、話し方から、最初は執事系キャラかと思いきや…警護対象であり、『飼い主』のはずの主人公ちゃんに対してかなり上から目線で接してくる、プライドの高いお人。大人っぽく色っぽく翻弄してくれます!

 

●楽観的なSP:戸田 琉輝(とだ りゅうき)24歳 CV.どっこい しょーいちさん

無邪気で可愛い年下甘え系番犬。

まさに『犬キャラ』なのですが、ちょっと躾のなっていないワンちゃんです。

理屈や頭で考えることの出来ない、本能で動くタイプ。

可愛い声音とちょっと小悪魔な雰囲気がキャラクターにピッタリで可愛いです☆

 

*本来『SP』というのは限られた人間(政治的権力のある、総理大臣等の家族など)にしかつかないものらしいのですが…このお話で出てくるSPは、通常の『ボディガード』を『SP』と呼んでいる、という設定で見て下さい。

 


ちなみに…現在、ライター業は最小限まで縮小しているため、三千界のGM業務は行っておりません。

もし予定が合って余裕がありそうであれば、出産前にもう一度くらい何らかの形でシナリオに顔を出すかもしれませんが…今のところ未定です。


ポケットドラマの方はぽつぽつと配信作品が追加される予定ですので…また配信された作品がありましたらこちらでお知らせをするつもりでいます。

そんなライター業そっちのけた状況で(汗)現在何をしているかと言うと…主に物作りです。

妊娠時期も8か月目に突入し、出産後に使える物をハンドメイドしてみよう、と思い立って色々と作っています。

元々、物語を書くことだけでなく、物作りも大好きな為、やりだしたら止まらくなり…実際使えるのか、必要なのか分からないような物でも、とにかくある材料で出来る物、作りたいものには挑戦しています。

今の段階で作った物達をチラッとお披露目。

 

f:id:shimarisu-attima:20170402105448j:plain


着物風の産着。こちらは本に載っているのを見てどうしても作りたかったため、Wガーゼ素材を安く購入して制作。
本の作り方によると本当は手拭い2本を使って作る物で、裁断も真っ直ぐばかりなので型紙はなく、縫うのも全て手縫いです。
少々時間はかかるものの、根気さえあれば難しくはない一品。

そしてそのあまり布で作成したミトン。

f:id:shimarisu-attima:20170402105511j:plain



こちらは家にあったあまり布で作ったにぎにぎとガラガラ。

タオル地の毛足が長くて顔の刺繍が思うようにいかず、かなり歪んでる。。。御愛嬌。

f:id:shimarisu-attima:20170402105552j:plain

 

これは友人の出産祝いの際に作った材料の余りのみで出来ました。材料費無料!

同じく、余っていたフェルトで作成したのがこちらのベビーシューズとクリップホルダー

 

f:id:shimarisu-attima:20170402105739j:plain

 

 

f:id:shimarisu-attima:20170402105722j:plain

 

写真を投稿

写真を投稿
フォトライフにアップロードされます。
今月のファイル利用量 0%
 
 
 

 


クリップは100均で購入した帽子止めクリップ。
リボンテープは学生時代に友人から使わないからと貰った素材です。
これは以前、甥っ子ちゃんにジバニャンのリュックを作った布の余り。

ちなみに数年前に作ったジバニャンリュックがこちら~

割と出来栄えは気に入ってるのですが、鼻が歪んでるのが気になる。。。

甥っ子ちゃんは喜んでくれましたが(^^;

f:id:shimarisu-attima:20170402110432j:plain

f:id:shimarisu-attima:20170402110450j:plain

f:id:shimarisu-attima:20170402110520j:plain


それから、手芸ではありませんが…消しゴムはんこでお名前スタンプも作成。

f:id:shimarisu-attima:20170402110639j:plain

 

コレも余り材料のみで作ってます。
自分の結婚式の際に近所に配るお菓子に押していた似顔絵スタンプを作った余りのはんこ用消しゴム。
一応…名前は伏せておきますね;


それから、同じく余り材料で作ったスタイ。

 

f:id:shimarisu-attima:20170402110744j:plain

 

今は引き続き『トッポンチーノ』と呼ばれる赤ちゃん用抱っこクッションを作成している最中です。

そうそう、先日、赤ちゃん本舗のイベント『ベビーシャワー』にも参加してきましたので、また(出来るだけ)近いうちにそちらの内容もブログに書いてみたいと思います!

 

それからコソッと追加お知らせ…

HP内「ライター活動」の「童話」のページに新作「ピョンちゃんのオシャレ」を公開しました。

サクッと読めますので、興味のある方はどうぞ☆ 

 

TOP - shimarisu-attima ページ!

障害物マラソン大会 リアクションが公開されました。

3月1日、三千界のアバター
プライベートシナリオ『神多品障害物マラソン大会』のリアクションが公開されました。

 

クリエイティブRPG 三千界のアバター - シナリオ - 神多品 障害物マラソン大会!


ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
今回も楽しく書かせていただきました!

数々の障害に対する皆様それぞれの対処法、バリエーション豊かで読んでいて楽しかったです。
今回は上位3位までの方へ称号を授与させていただきましたが、選手として参加された方は皆様素晴らしいアクションを描いてみえましたので、どなたが優勝してもおかしくない状況でした。
また、本当はもっともっと濃く描きたいシーンがいくつもあったのですが…その辺りは文字数の関係で削らねばならない結果となり、ギリギリまで削っての、今回のリアクションです…ごちゃごちゃしていてすみません…
色々ともどかしい気持ちも残ってはいますが、少しでも皆様に楽しんでいただけましたら光栄です。

神多品のNPC達も随分お馴染みになったようで…参加して下さる方と少しづつ親交が深まっているようです。
シナリオは参加される方に楽しんでいただくことが何よりなので、NPCの存在は捨て置いていただいても一向に構わないのですが…こうして絡んで、表に引っ張り出していただけるのはやっぱり嬉しいですね。ありがとうございます!

さて、今後の予定なのですが…
妊娠期間も後期に差し掛かってきますので、少し早目ではありますが、そろそろGM業の方は一旦お休みをさせていただこうかと考えております。
出産に向けた準備のため、家の中を大幅に模様替えしたり、必要品を揃えたり、残り少ない夫婦二人の時間をゆっくりと過ごしたいと思いますので…
本当はもう1本か2本、シナリオを出してから、と思っていたのですが、あまり詰めすぎて締切に間に合わず、参加者の皆様やフロンティアワークス様に迷惑を掛けるようなことだけは避けたいと考えての判断です。

復帰の目途については、今はまだ何とも言えず…
一先ず来年の6月までは育休をいただけるのですが、初めての子育てとなり、文章を執筆する時間が取れるかどうか、取れても、どの程度速度が出せるか分かりませんので、可能であれば、生活が落ち着き次第、復帰します。

産休、育休を終えた時点の状況次第では、最悪復帰が出来ない可能性もあります。
逆に、現在の事務職を退職し、ライター業に専念出来るようになる可能性も…あります。

現時点での自分の希望としましては、またGMとして活動を続けていきたいと思っておりますので…
具体的にどうなるかが決まり次第、こちらや、twittter、マスターページ等にお知らせします。

 

先の分からない状況ではありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆

 

TOP - shimarisu-attima ページ!

スタジオアリス マタニティセミナーに行ってみました!

先日、スタジオアリスさんが開催している無料セミナー、「マタニティセミナー」へ参加してきました。

無料でマタニティフォトとマタニティヨガを体験できるお得なセミナー☆


参加を迷っている方や、予約し、参加する予定だけどどんなことするの?と不安に思っている方の参考に少しでもなれば…という思いで、ブログに感想を書き留めておきます。

私が参加したのは岐阜柳津のカラフルタウン内にある店舗のセミナーです。
店舗によって多少内容やサービスは違うかもしれませんので、あくまで参考までに。

まず予約についてですが、予約はインターネットからは行えませんので、直接店舗へ電話を入れる必要があります。
インターネットで開催日をチェックし、希望日を電話で伝える、という形ですね。
一応先着順、ということなので、希望日が決まっている場合は早めに予約を入れた方が良いです。
ただ、開催日は平日の午前中なので、すぐにいっぱいになってしまう、ということも無いとは思いますが…
ちなみに、私の参加した日の参加者はだいたい10名くらいでした。

予約の際に、時間と持ち物について教えていただけます。
持ち物としては

・飲み水
・バスタオル
・フォトで着たい衣装やアクセサリがあれば

の3点ですが、実際行った感想としては、何もいりません。笑
水は受付けで1本いただけますし、バスタオルも一人に一枚は用意されています。
特別着たい衣装を用意している方はそれを持参する、という程度でしょうか…
借りられるマタニティドレスも用意されているので、何も持っていなくてもマタニティフォトらしい写真を撮っていただけます☆
それよりも、ヘアやメイクのサービスが無いため、写真に写っても大丈夫なヘアセットとメイクで参加することの方が重要な気がしますね…そこは電話では教えてもらえないので!
写真撮影の前に休憩時間がありましたので、すぐに準備が出来るならつけまつげやヘアセット、化粧道具等を持って行ってその場で仕上げる、というのも手かもしれません。
ヨガを行った後の撮影となるため、多少乱れる可能性はありますので…

ちなみに、私は近所のプレママ会で知り合った友人と3人で同日に申し込みました。
参加している方々は基本的にソロ参加、という感じでしたが、セミナーの中で交流を行うような場は無かったため、お一人様が苦手な方は知り合いと一緒に申し込むと安心かもしれません。
(ただ、他の方のブログ等を見ていると、店舗によっては交流タイムを設けている場合もあるようです。心配な場合は電話予約の際に聞いてみると良いかも)

受付へ行くと、まず氏名を確認され、申込書を記入。
飲料水一本、記念品とロッカーの鍵を渡されました。
(ロッカーがそんなに大きくないので、大荷物を持っていくと往生するかもしれません)

荷物をロッカーへ預け、ヨガスペースへ。
…と言っても、特別そういった部屋があるわけではなく、撮影用のスペースにバスタオルが人数分引かれている場所です。
飲み水以外は全て一先ずロッカーに預けてもいいと思います。
そうそう、靴下は滑るため出来れば脱いで下さい、と言われるので、脱ぎやすい靴下で行くことをオススメします。
また、服装はスカートよりもズボンが良いです。寝転がって足を上げたりするので…
スカートの参加者には、一応バスタオルをもう一枚貸していただけるようです。

全員の準備が整ったところで、ヨガレッスン開始。
初心者にも優しく、ヨガの基本の姿勢から呼吸の方法、簡単なポーズを実践で教えていただけます。
私はヨガ初体験なのと、体が硬いのでなかなか思うように先生の真似が出来ませんでしたが… 汗
それでも、大事なのはリラックスして体をほぐすことなので、そういう意味では十分有意義な時間を過ごせたと思います。
他の方はどうか分かりませんが、私はヨガの最中、お腹の子がとても元気に動いてました。
母体がリラックス出来ている証拠なのでしょうね☆

ヨガの時間はだいたい1時間くらい。
水分補給は各自自由に行ってもいいですし、たまに先生から「必要な方はお水を飲んでください」と声も掛けていただけます。
汗をかくほどの運動量ではないので、個人的には水分補給もあまりいらないくらいでした。
とはいえ、妊娠中は血液を子宮に送るため、水分もたくさんいりますので…参加される場合はくれぐれも我慢はしないで下さい。

ヨガが終わると休憩時間を挟み、写真撮影です。
休憩時間中には茶菓子をいただきながら、店内のアルバム等、商品を見て友人たちとゆったり過ごしました。
ちなみに、写真を希望されない方はここで帰ることも可能です。

休憩を終えた所でマタニティフォトについての説明を受け、貸出衣装の中から着たいものを選びます。
私が参加した店舗では4着のドレスが用意されていました。(数は店舗によって違うようです)

① お腹も隠れるAラインワンピースタイプの落ち着いた紺ドレス
② お腹が完全に露出するタイプの白のセパレート(上はオフショルダーにも出来るトップス)
③ お腹部分はシフォン素材を被せることも出来る、色ドレス(黄色)ストールで肩も隠せます。花の装飾付。
④ ③の色違い(ピンク)

勿論、持参した服や当日着ている服で撮影することも出来ます。
一番人気は②の王道系?白ドレスでした。(というより、他のドレスを選ぶ方はみえなかった……笑)
ヘアアクセサリは、造花のかんむりを貸していただけます。3色くらいあったかな…
ただ、ドレスもヘアアクセサリも希望者が多ければ当然順番待ちとなるため、時間はかかります。
順に呼ばれて更衣室へ入り、着替えを済ませて撮影ゾーンへ。
肩が出るデザインを着たいけど下着はどうしたら…と悩む方もみえるかもしれませんが、その時だけ肩のストラップを下せば大丈夫だと思います。
(ちなみに、私は念のためストラップレスのチューブトップを着用していきました)

小さなブーケを持ち、白い階段に腰かけた状態で数枚撮影。
次に、立って上半身を数枚撮影。(視線を外したもの、カメラ目線の物、それぞれ)
お腹にお花とリボンを巻いてもらい、お腹のアップを撮影。(お腹の子の性別でリボンの色が変わります)
階段に腰かけ、視線をお腹に落としたものを数枚撮影。

…と、結構撮ってくれます。
さらに、「希望のポーズなどありますか?」と聞いていただけたので、何かやりたいポーズなどを考えておくと良いかもしれないですね!

撮影が終わると着替えて、写真選びへ。
店内にある端末のディスプレイに、撮影した写真を順番に写してもらい、その中から一番気に入る1枚を選びます。
選んだ1枚が、『ベビーシャワーブック』という3枚写真が入るようになっている台紙に入れられ、後からいただけるようです。
(空いている2枚分には、子供が生まれてから写真を入れて下さい、ということらしいです)

ちなみに、他の写真もどうしても気に入って欲しい!となった場合、有料で1枚1800円だそうですよ。
写真専門店なだけあって、お写真の仕上がりはかなり良く…買わないつもりの方は「絶対買わない!」という強固な意志を持って行って下さい。写真見てると、欲しくなります。 笑
私は元よりマタニティフォトを撮る予定も無く、無料なら~と参加したので、購入はしませんでした。
逆に、マタニティフォトを撮りたいけど高いから悩んでる…という方は、このセミナーで好きなポーズを撮ってもらって、気に入った写真を購入する、としてもいいかもしれません。
マタニティフォトのプランで頼むよりは格安に済むと思います。
本格的な物を求める方には物足りないかもしれませんが。。。

いただけるベビーシャワー台紙とお写真は仕上がりまで2週間。
写真の選択が終わったら、会員カードと引換券、今後の利用の説明等を受けて、終了です。

私は参加日がバレンタインだったため、仕上がりまであと数日…とっても楽しみです♪
あ、そうそう。
マタニティフォトは本来8ヶ月くらいの時期が最適なのだそうです。
私はその時まだ6ヶ月末でしたが、元々体が小さいせいか、胃下垂気味なせいか、お腹がかなり前にせり出していましたので十分大きなお腹で撮ってもらうことが出来ました。
参加される方でフォトに重点を置く方は、自身の参加時期の体型と妊娠周期を考えて日にちを決めるといいと思います。

いただいた記念品、帰宅してから確認したところ、固形のミルクキューブサンプルが2箱ほど入っていました。
こういった必要品をいただけるのは本当に有難いです。
ヨガも出来、写真も撮ってもらえて、無料☆
イイコトづくめなので、迷っている方は是非参加されることをオススメします!

それから、また後日…今度は赤ちゃん本舗のイベントにも参加しようと目論んでいます。
今の時期だけの特権だし、無料だし!笑
3月末の予定なのでまだ先ですが、そちらも、また無事に終わりましたら感想を書こうと思っています☆


***


ここから先はセミナー無関係のお話。

セミナー日、帰宅してからバレンタインチョコを制作していました。
来年はきっと子育てで手作りどころじゃないから、今年は何が何でも作らねば、と思い。笑

主人がホワイトチョコ大好きなので、ホワイトチョコのお菓子をメインに作ったのですが…
ホワイトチョコの生チョコって、作ってみると普通の生チョコと比べて、物足りない感じがしませんか?
これは去年作ってみて思ったこと。ホワイトの方が融点が低いため、色々入れられないせいなのかもしれませんが、普通の生チョコは柔らかくって口に入れた途端に溶けるのに、ホワイトでその感じが出ない!
ということで今年は、レシピを自分なりに改良し、オリジナルで作ってみました。

…結果、とりあえず満足のいく仕上がりになりましたので、分量をご紹介。

ホワイトチョコ 200g
バター     10g
生クリーム   60cc
ラム酒     少々
ハチミツ    小10g
粉砂糖     適量

作り方は通常の生チョコと同じ。

1、ホワイトチョコは細かく砕き、ボウルに入れておく。

2.ミルクパンなどの小鍋に生クリーム、ハチミツ、ラム酒を入れ、沸騰直前まで温める。

3.温まった生クリームをホワイトチョコのボウルへ流し入れ、ホワイトチョコを溶かす。

4.溶けきらなかったら湯煎で全て溶かし、バターも入れて溶かす。

5.ラップを敷いた型に流し入れ、冷蔵庫で十分に冷やす(かなり柔らかいので冷凍庫でもOK)

6.固まったら好みのサイズに切り分け、粉砂糖をまぶす。

簡単です☆
ホワイトチョコ好きの主人はかなり喜んで食べてました。
普通のチョコよりホワイトチョコが好き!という方、興味があれば一度試してみて下さい☆