shimarisu-attimaのブログ

フリーライターattimaのブログ

裁判員裁判 その2

さて、前回は裁判員裁判に選任されるまでを書きましたので…今回は感想やらなんやらを書いてみます。

 

不安いっぱい、でも少し興味も抱きながら始まった裁判員裁判のお仕事。

普段のお仕事はフルタイムですが派遣なので、職場の上司達には「いい経験だからやっておいで」と許しをいただくことが出来、その辺りは気にしなくていいのが有難いです。

仕事によってはなかなか厳しいのが現実みたいですね。

なんせ、一つの事件が終結するまでずっと勤めないといけないようなので…

 

聞くところによると、裁判員に選ばれる確立は、1万分の1くらいなのだそうで…すごくレアな体験、ということになります。

なので他の裁判員の方たちと、「宝くじを買わなきゃね」みたいな話をしていました 笑

と、こう書くと雰囲気が少しは分かっていただけるかと思うのですが、法廷外では結構和気あいあいとしています。

裁判長+裁判官2人+選ばれた6人+補充員2人、という11人がチームになって裁判を進めて行くのですが…決して簡単ではない、そして数学のように明確な正しい答えの存在しない問題について話し合い、答えを導きださねばならないわけです。

そのためには、当然集まったメンバー同士がよく交流し、話し合いを深める必要があるわけなので、チームワークは結構重要

他の裁判員裁判の話し合いは見る事ができないためどのような雰囲気かは分かりませんが、私が裁判員を務めたチームは割とおっとりとした雰囲気で、とても話し合い易かったです。

 

とはいえ勿論、事件に対してはかなり白熱した話し合いが行われます。

法廷では被害者側から検察官の弁論、被告人側から弁護士の弁論が出され、証拠写真、被害者尋問・被告人尋問が厳粛に行われます。

テレビでよく見る法廷の、裁判長の席の両隣に裁判官、そのさらに両隣に裁判員が並ぶ形です。

なので上段から法廷を見る事が出来ます。

こんな景色、もう二度と見られないかもしれない…!!

で、それを元に量刑をどうするのかを決める。これが裁判員のメインのお仕事なわけです。

勿論、そこに個人的な感情や被告人の人柄に対する憶測、証拠の無い話を持ち込んではいけません。

あくまで証拠のある事実に基づいて、「事件そのもの」を裁く。これがルール。

なので、変な先入観や無駄な深読みはご法度。

人が人を裁くわけですから、それってとても難しいことです。

けれど、答えは出さなくてはいけない。…裁判って大変ですね。

私の担当した事件は有罪か無罪かを争うものでもなく、6日間のお勤めで無事終了しましたが、これは短い方の事例のようで、長いと数カ月に渡ることもあるとか…

そうそう、職場に帰ってから結構聞かれたので書いておきます。

裁判員がその裁判の行われている間缶詰めになる、というわけではありません!

時間としては朝から夕方までしっかりと予定が入るため、フルタイムの勤務となりますが、ちゃんと夕方には家に帰れます。

ただ、あんまり自宅が遠方で通うのが大変、という方に関しては申請をすれば宿泊費をある程度考慮していただけるようですよ。

 

まだまだ賛否両論ある裁判員制度ですが、やってみた感想としては、かなり配慮、優遇してもらえるし、人生経験としてはとても貴重で大きな意味のある物です。

法律や裁判に興味の無かった私でも、罪がどのように裁かれるのか、法律はどうなっているのか、罪を犯した人が判決後どのような処遇となるのか…知らなかった世界を色々と知ることが出来、良い経験をしたと感じています。

そして…こんな表現は不謹慎かもしれませんが、正直、私にとってはとても楽しい経験でした。

答えの無い問題を、チームでとことん話し合い、答えまで導いていく。

自分の考えをまとめ、見直し、他の方の意見をもらって新しい視点に気付く。

なかなか普段こんな機会は無いですし、何となく…学生時代のディベートの授業を思い出しました。

社会人の学習の場としてはとてもよいのかもしれない、なんてことを思ってみたり。

 

とにかくとにかく、私にとってはとても良い経験でした。

やってよかった、選ばれて良かった、と今は心から思っています。

(ただ一つ思うのは、これが殺人等の事件になっていたら、また違う感想を抱いたのかもしれません…)

勿論、裁判員裁判で裁かなければいけない事件が起きないのが一番良いんですけどね。

 

ちなみに、最終日には感謝状とシリアルナンバー入りのピンバッジをいただきました!!

(職場に提出出来るよう、裁判に出席した証明書も出してもらえます。)

この感謝状とバッジは公開OKとのことなので載せちゃいます!!こちら↓

f:id:shimarisu-attima:20160313095448j:plain

 

何だかやり遂げた感があります…!!

 

TOP - shimarisu-attima ページ!